國分郁子

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(派遣)

更新日:2022.3.9

國分郁子

参加プログラム   二国間交流事業プログラム(派遣) 
活動拠点日本
滞在都市/滞在先 ケベック/センター・クラーク
滞在期間 2022年4月 - 2022年6月 
滞在目的

先鋭的なメディアアート、パフォーマンスイベントや舞台公演の多いモントリオールは、舞台芸術調査と絵画制作を同時に行うのに適しており、さらに、国と州からの文化助成支援金の割合も多いこの都市は、表現者を支える行政の役割やクリエーターの連携手段の具体的な方法を学ぶにも最適な場所だと考えます。大自然に囲まれながら人間の文化的営みを凝縮して発展してきた場所で、作品の表現や提示方法をより強く、より深められるようアイデアの種を採取し、実践したいと考えました。

滞在中の活動

・リサーチ:コンテンポラリーサーカス総合施設TOHUのアーカイブ資料館にて、衣装・小道具・技の調査、TOHUの雑技稽古場にて見学とドローイング。(技を行うときの体の構造のクロッキー)
・リサーチ:モントリオールサーカスフェスティバルやロボットフェスなどのパフォーミングアーツ調査
・リサーチ:モントリオールのクリエイティブ&エンタメ産業を支える制作会社の調査とラボ見学
・リサーチ:雄大な自然環境とそこから生まれた民話など土着的な要素
・制作:リサーチした要素(形、景色、ストーリー)を使い、絵画制作

クリエーター情報

ページの先頭へ