アンナ・ベルニス・デロス・レイエス

レジデンス・プログラム

芸術文化・国際機関推薦プログラム

更新日:2022.7.8

アンナ・ベルニス・デロス・レイエス

参加プログラム      芸術文化・国際機関推薦プログラム
活動拠点ドバイ、マニラ
滞在都市東京
滞在期間2022年7月
参加目的

国際交流基金の推薦招聘により、日本を拠点とする日本人現代アーティストのリサーチのためにTOKASレジデンシーに滞在しています。現代アートを専門とする日本のキュレーターとの意見交換やアーティストのスタジオ訪問を通して、東京の現代アートシーンでは現在どのような議論が交わされているか、そして私の現在の活動の場であるドバイやベルリンで展開されているアートとの関連と相違について知見を得たいと考えています。また学際的なの芸術文化が活動の実践と、中東湾岸地域で創造的なアート活動とリサーチ活動を行うフィリピン人という私自身の経験についても日本の現代アート関係者のみなさんと共有できればと思います。

滞在プラン
  • 東京、金沢、大阪、京都のアーティストスタジオ訪問
  • 上記都市の現代アートの美術館・ギャラリー訪問
  • 現代アートを専門とする日本のキュレーターとの面会
  • オープンスタジオにて、中東湾岸地域における自身の活動について発表

クリエーター情報

ページの先頭へ