ソフィア・ドリュー

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(招聘)

更新日:2022.5.20

ソフィア・ドリュー

参加プログラム二国間交流事業プログラム(招聘)
活動拠点バーゼル
滞在都市東京
滞在期間 2022年5月 - 2022年7月
滞在目的

私が東京で展開したいプロジェクトは、可視と不可視という概念をリサーチし実験することで、何が価値があり、重要であると考えられているか、それがどのように私たちの評価に反映されているかを明らかにすることです。これは、既存の質や状況、役割や機能に備わっている潜在的な曖昧さや両義性に関連する、私の制作活動における主要な問いとつながります。目的は、高度に構造化・体系化された日本文化に刻まれた「可視-不可視」の性質をリサーチし、実験することに焦点を当てることをです。私は、伝統的な能と歌舞伎、より具体的には黒子の姿に、可視と不可視、中心と周縁、そして価値と重要性との関係を見出し、それが私たちの受け取り方と行為にどのように影響を与え、ひいては私たちがリアリティを機能的に構築する上でどのような役割を果たしているかを観察し、探求していきます。

滞在中の活動
  • 能や歌舞伎の鑑賞
  • 黒子の舞台上での役割や、舞台の構造や構成要素の研究 
  • 1人または複数の黒子にインタビューをし、ビデオ撮影を行う
  • 衣装デザイン、舞台デザイン、または面を被って演じる役者とコンタクトを取り、可能であればインタビューを行う
  • 関係者とコネクションを作り、「新しい(altered)」能を制作するための場所を探す

クリエーター情報

ページの先頭へ