ベギュム・エルジヤス

レジデンス・プログラム

リサーチ・レジデンス・プログラム

更新日:2022.11.30

ベギュム・エルジヤス

参加プログラム二国間交流事業プログラム(招聘)
活動拠点ブリュッセル
滞在都市東京
滞在期間2022年9月 - 11月
滞在目的

人工知能やロボティクスの研究において、研究者はしばしば人間の行動を模倣する機械の開発に携わる中で、最終的に人間の感覚や感情、知性をより深く理解することができると主張する研究者がよくいる。TOKASでの滞在期間中に、触覚の経験を生み出す技術であるハプティック・テクノロジー(触覚技術)を探究することを目標としている。日本は、この分野の先進国であり、この分野の研究から、私たち自身の手について、どのような知見が得られるのか、興味がある。

滞在プラン
  • 触覚技術やインターフェースデザインに関連する研究所について調べる
  • 研究者に会い、インタビューを行い、記録する
  • 手の歴史性と未来についての洞察を与える職業や実践を観察する
  • 特に、手と心、手とコミュニティのつながりに注目する
  • 新作の制作を開始する

助成:フランダース政府



クリエーター情報

ページの先頭へ