サラ・ヴェストファル

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(招聘)

更新日:2022.9.20

サラ・ウェストファル

参加プログラム二国間交流事業プログラム(招聘)
活動拠点ブリュッセル
滞在都市東京
滞在期間2022年9月 - 11月
滞在目的

自然の力が災害を常に予期させるユニークな大都市としての東京と、海に囲まれた島々の集合体としての日本に興味がある。滞在中は、自然の力(水、風、地震など)がいかに人間以外のイメージを生み出す存在になり得るかを探りたい。これまでの作品では、船から撮影した映像を使用していたが、今回はカメラを持って海に飛び込み、日本の水中世界を探検したい。この経験は、没入型のインスタレーションを作るために使用される。

滞在プラン
  • ダイビングスポットの開拓、協力体制の確立
  • 島民の海との関わり方の聞き取り調査 体力トレーニング
  • 機材準備 水中撮影、録音(東京近郊、伊豆諸島、房総半島)、これらの体験をどのようにイマーシブ・インスタレーションに組み込むかの実験 UGent (BE)の海洋生物学部門と共同で行う
  • インスタレーション用のレコーディングの拡大・縮小のための実験  
  •  ダンスやオペラの分野での新しいコンタクトの確立、東京の地震防災学習センターの訪問 

クリエーター情報

ページの先頭へ