スピネット・アグスティン、ラウス・ルイーズ「Sounds from Liminal Towns」

OPEN SITE

スピネット・アグスティン、ラウス・ルイーズ「Sounds from Liminal Towns」

OPEN SITE 7|公募プログラム【展示部門】

日本に長期在住し、それぞれ芸術と音楽を研究しているスピネット・アグスティンとラウス・ルイーズによる展覧会。海外から日本に移住してきた外国人女性たちと協働し、彼ら自身の未来について考察する。音、記憶、触覚のレンズをとおして、国境を超えたさまざまな移住体験に焦点を当て、インスタレーションとして展開する。

会期
2022年12月10日(土) - 2023年1月22日(日)
休館日
12/12、12/19、12/26、12/29-1/3、1/10、1/16
時間
11:00-19:00
入場料
無料
会場
トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースA (1F) 

《300km》2022 

Agustín Spinetto

Louise Rouse

関連イベント

ワークショップ「Memory Jukebox」
日時12/17(土)15:00-18:00
料金無料 ※予約制
言語日本語、英語
内容サウンド・アートワーク制作。詳細は後日発表。



プロフィール

2019年結成。東京都、ブエノスアイレス、ロンドンを拠点に活動。

スピネット・アグスティン

作曲家。オーディオサンプルや楽器、音楽プログラミングを使って制作している。彼のループを基本とした音楽はライヴ・エレクトロニクスからビジュアルアーティストによるアートインスタレーションにまで幅広く展開している。
agustinspinetto.com 

ラウス・ルイーズ
学際的ヴィジュアルアーティスト。主に版画やインスタレーションなどを発表。国境を越えた移住のメタファーとして、版画制作固有のレプリケーション(復刻)を取り入れた作品を発表している。
louiserouse.com

参加クリエーター

スピネット・アグスティン、ルイーズ・ラウス

ページの先頭へ