篠田太郎

篠田太郎

SHINODA Taro

更新日:2014.12.1

氏名
篠田太郎
ジャンル
ヴィジュアル・アート
参加プログラム
二国間交流事業プログラム(派遣) (2011年1月 - 2011年3月)
篠田太郎
プロフィール

1964年生まれ、東京都出身。


主な個展

2012  「ホモ・サピエンス・サピエンス」タカ・イシイギャラリー、東京
2012  「Painting of a Four Year Old」balzerARTprojects、バーゼル、スイス
2009  「Lunar Reflections」イザベラ・スティワート・ガーデナーミュージアム、ボストン、アメリカ
2005  「Buried Treasure」REDCAT、ロサンゼルス、アメリカ
2003  「ヘリコプター」GALLERY SIDE2、東京
2002  「ゴッドハンド」広島市現代美術館、広島
2001  「4S Super Surround Sex System」GALLERY SIDE2、東京
2001  「パーソナルサテライトプロジェクト」ナディッフ、東京
1999  「アヤコ・ミディアム・トモコ」レントゲンクンストラウム、東京
1999  「エヴォ 2000」三菱地所アルティアム、福岡


主なグループ展

2014  「六本木アートナイト 2014」政策研究大学院大学、東京
2014  「Taking Time」Sheldon Museum of Art、ネブラスカ、アメリカ
2013  「堂島リバービエンナーレ 2013『Little Water』」堂島リバーフォーラム、大阪
2013  「日産アートアワード2013」BankART Studio NYK、横浜
2011  「SCULPTURE GARDEN (COLLABORATIVE PROJECT) / KAZ OSHIRO / TARO SHINODA」Las Cienegas Projects、ロサンゼルス、アメリカ
2011  「2011Asian Art Biennial」National Taiwan Museum of Fine Arts、台北、台湾
2011  「A Wedding」Para/Site Art Space、香港、中国
2010  「ネイチャーセンス」森美術館、東京
2010  「Trasparenze」MACRO、ローマ、イタリア
2010  「He'e nalu」galerie frank elbaz、パリ、フランス
2009  「The First Stop on the Super Highway」ナムジュンパイクアートセンター、ソウル、韓国
2009  「プラットフォーム」Kimusa、ソウル、韓国
2008  「EV+A」アイルランド
2007  「イスタンブール・ビエンナーレ」イスタンブール、トルコ
2006  「釜山ビエンナーレ」釜山、韓国
2005  「GUMDAM 来たるべき未来のために」サントリーミュージアム、大阪
2005  「八谷和彦・篠田太郎・石川直樹「SKY-HIGH」(スカイハイ)」KPOキリンプラザ、大阪
2004  「Living Together is Easy」水戸芸術館、茨城
2004  「六本木クロッシング」森美術館、東京
2003  「Time after Time asia and our moment」ヤーバブエナ芸術センター、サンフランシスコ、アメリカ
2002  「アンダーコンストラクション」国際交流基金フォーラム、東京オペラシティアートギャラリー、東京
2002  「Centre of Attraction」第8回パルティック・トリエンナーレ・フォー・インターナショナル・アート、ピリニュス、リトアニア
2001  「横浜トリエンナーレ」横浜
2001  「The Uncertain」GALERIA PEPE COBO、セビリア
2001  「Neo Tokyo」Museum of Contemporary Art、シドニー、オーストラリア
2001  「先立未来」ルイジぺッジ現代美術センター、フィレンツェ、イタリア
1999  「知覚の実験室」佐倉市立美術館、千葉
1999  「アルテ・イン・ムーブメント」シビタ、ローマ、イタリア
1998  「Seamless」De Appel、アムステルダム、オランダ

ページの先頭へ