フランシス・アディア・マッケンジー

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(招聘)

更新日:2022.6.2

フランシス・アディア・マッケンジー

参加プログラム二国間交流事業プログラム(招聘)
活動拠点モントリオール
滞在都市東京
滞在期間 2022年5月 - 2022年7月
滞在目的

滞在中は、短編ステレオコピック(立体視)アニメーションを立体的に投影し、鑑賞者が体験できるプロジェクトづくりに専念する予定だ。この作品は、複数のレイヤーのガラス板を使ったセットで撮影され、アニメーション映像やシークエンス、オブジェクトが重なり合って見える。このセットは小型で、2台のカメラ付き立体視装置を内蔵している。この作品は、現代の生政治的緊張の瞬間をデジタル装置との関係性のなかで考察した新しい作品群の一部である。また身近なもの、洗練されたイメージ、タイムラプスを用いて、身体、消費のリズムとサイクルを検証する。この作品は、最近加速しているプライベートと非プライベートな空間の混在を考慮しながら、一つの内なる平面を漂うように探求される。

滞在中の活動
  • まずはアニメーションのためのスケッチ、文章、素材のリサーチを行う。また、ワークフローや照明などの技術的な要件も検証する。
  • 次に深度、オーバーレイ、最終的なステレオスコピックを書き出しながら、全体の構成を試行する。
  • 絵コンテと短いテスト撮影を基にしてコンセプト、テキスト部分を作成。
  • アニメーションのラフをサウンドデザイナーに送って、音楽のコンセプトづくり。
  • オープンスタジオでのアニメーション上映。

クリエーター情報

ページの先頭へ