フロリアン・ノイフェルト

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(招聘)

参加プログラム二国間交流事業プログラム(招聘)
活動拠点ドイツ
参加都市
東京
滞在期間2019年9月-2019年10月
滞在中の活動

ノイフェルトは、既存の物を機能や用途から解放し、変形・再構成することで作品を制作している。滞在中はできる限り街を歩き、目に留まったものをカメラでとらえ、骨董市で時間を過ごすことで、東京の「物の世界」を観察。ドイツでは暴力・破壊行為と結びつけられる金属バットを、笛へと加工した《A Possible Flute》を制作、立牛童子の像と対峙させてオープン・スタジオで展示した。

《A Flutist》ファウンド・オブジェクト、2019

《A Possible Flute》金属バット、2019

《A Possible Flute》金属バット、2019

《A Possible Flute》(拡大)金属バット、2019



クリエーター情報

ページの先頭へ