金 瑞姫

レジデンス・プログラム

二国間交流事業プログラム(派遣)

更新日:2019.10.4


金 瑞姫

参加プログラム    二国間交流事業プログラム(派遣)
活動拠点ドイツ
滞在都市/滞在先
ベルリン/クンストラウム・クロイツベルク/ベタニエン
滞在期間 
2017年4月 - 2017年6月
滞在目的

ベルリンで制作した「都市と記憶」をテーマにベルリンの空港の歴史と現在を捉えた未発表の新作を、現地の人々に向けて展示発表することを主な目的とする。私はこれまでドイツで展示発表をする機会を持てずにいたので、当レジデンスプログラムに参加する事によって歴史的文化施設であるクンストラウム・ベタニアンにて過去作品を含めた自身の制作活動をプレゼンテーションすることによって、現地のアート関係者と関わり、今後の制作・作家活動の発展を期待しています。

滞在中の活動

未発表の新作「Three Airports in Berlin(仮題)」の展示発表を最終目的に、展示に向けての大型プリントの制作、空間構成、額装などの準備を行う。同時に5月に2度のオープンスタジオを開催し、過去の作品のプレゼンテーションを行う。プログラム期間中に行う制作活動として、現在進行中の移民3世をテーマにした写真作品の制作とリサーチを続け、また、クンストラウム・ベタニアンという場所をモチーフに建築内を毎日写真に収める小作品を制作する。

クリエーター情報

ページの先頭へ