エレナ・ノックス「Actroid Series II」

OPEN SITE

エレナ・ノックス「Actroid Series II」

OPEN SITE 6|公募プログラム【展示部門】

ロボットが会話し、バーチャルアシスタントが受付で働く。トーテミズム、偶像崇拝、フェティシズムによって、人間は宇宙にたったひとりでいる寂しさを紛らわす。生身の男性の眼差しを埋め込んだ女性型ロボットのデジタルポートレートは、女性的に見せかけたテクノロジーが、父権的な監視社会を密かに作り出しつつあることを批判している。チャットボットと仮想キャラクターが、未来的なワークライフの幻想を垣間見せる。

会期
2021年12月4日(土) - 2022年1月16日(日)
休館日
12/6、12/13、12/20、12/27~1/3、1/11
時間
11:00-19:00
入場料
無料
会場
トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースA (1F)
協力大阪大学大学院基礎工学研究科 石黒研究室(オトナロイド)、リンジー・ウエッブ
協賛早稲田大学表現工学科 渡邊研究室

エレナ・ノックス、リンジー・ウエッブ《Mirror Stage》2020

《Figure Study》2020

《ご協力お願いします》2021

関連イベント

アーティスト・トーク
日時
12/25 (土) 17:00-
料金無料 ※予約制


予約受付中!

プロフィール

1975年生まれ。デジタル・メディアやパフォーマンス、立体、音楽、インスタレーションなどあらゆる表現形態を横断する。近年の作品には最先端ロボットが使われ、科学技術が発達した未来におけるアイデンティティや信念の役を試演する。
http://www.elenaknox.com/

参加クリエーター

エレナ・ノックス

ページの先頭へ